三育の教育とは

私たちが大切にしていること

POLICY

家庭的であること

キリスト教の教えをもとに子どもの知徳体のバランスのとれた人格形成を目指しています。

そのために私たちは子ども、教師、保護者が親しい関係を持ち、家庭的な雰囲気の中で子どもを保育することを大切にしています。どんな子どものどんな行動も温かく見守られ、導かれることで、神様からお預かりした子どもの尊い人格をより良く伸ばすことができるからです。

また、大人同士、大人と子どもが協力している姿は、子どもたちに進んで人のために働く姿勢や人との良好な人間関係の構築のモデルにもなります。

多くの体験の場を提供すること

幼児期にある子どもたちは無限の可能性を秘めた宝石の原石です。

その子どもがどんな輝きを持っているのかはだれにもわかりません。

ですから私たちの考える保育カリキュラムは偏りのないようにバランス良く組み立てています。

様々な体験、自然にふれること、歌うこと、踊ること、走ること、描くこと、作ること、自由に遊ぶこと、ルールのあるゲームをすること、などなど、できるだけ多くのものに触れ、体験することでその子の最も輝く側面を見つけることが可能になるからです。

同時に体験によって書籍からも教壇からも学ぶことのできない生きた知恵を子どもたちは学ぶことができます。

心を養うこと

最も私たちが大切にしていること、それは、「心を養うこと」です。


聖書の中に「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある」という言葉があります。子どもたちがどんなに上手に歌えても、運動ができても、勉強ができても、心がうつろで自分の毎日に何も感じないとしたらこんなに悲しいことはありません。ですから、私たちは「豊かに感じる心」「相手の気持ちを想像する心」を育てたいと考えます。

わかりやすい神様のお話、お祈り、讃美を通して、そして保育活動のあらゆる場面で「心を養うこと」をすべての教職員が心がけながら保育にあたっています。

横浜三育幼稚園の三つの三角

第一の三角

子ども、先生、保護者がお互いを理解し良い関係でいること

第二の三角

家庭的な雰囲気の中、様々な実体験と聖書の学びによって心と体のより良い成長を促すこと

第三の三角

子ども達の中に神様があたえてくださった個性能力を知徳体バランスよく伸ばすこと

知育

子どもたちには個性があります。三育教育ではその個性を尊重します。その中で子どもたちは、自分の“気づき”や“発見”そして“関心”を深めていくことができます。そして自ら思考し、行動し、責任を負い、他者に良い感化をもたらす人へと成長します。

徳育

ひとりひとりは神さまから愛されています。子どもたちが愛される喜びを感じていくときに、自分と他者の存在の尊さを経験します。 そして共に喜び、励ましあうことができます。三育教育の中で、子どもたちは自分が愛されていることを発見し、愛される喜びを知り、愛する者へと成長していきます。

体育

健康な体は、愛する心と思考する力の発達を助けます。また人を愛することと、思考したことを、普段の生活で発揮できるのも体が健康であればこそです。三育教育における日常の自由で活発な遊びや、 四季の行事の中で、子どもたちはあふれるエネルギーを良いかたちで用いることを学びます。

三育教育理念

神は、世界と宇宙の創造者であり、ご自分の御像にかたどって人間を創造された。

三育教育は、イエス・キリストに対する信仰によって人間のうちに創造者の御像を回復し、地上における神の御業に貢献する人物を育成する。

三育教育の目的

1. 神を信じ、人を愛し、すすんで奉仕する人物を育てる。

2. 高い知識を持ち、自ら考え正しい行動をする人物を育てる。

3. 美しく輝く個性を持つ心身ともに健康な人物を育てる。

園の沿革

横浜三育幼稚園はセブンスデー・アドベンチスト教会(プロテスタント)を母体とする学校法人、三育学院の教育機関です。本園はおよそ60年前、三育教育理念(知徳体)をもとに充実した保育環境を提供することを目的に、山手の地に開園されました。


系列の幼稚園が全国に4園、市内に横浜三育小学校をはじめ、国内に10校の小学校、3校の中学校、高校、大学、海外に110の大学、1748の中高を有するグローバルなネットワークを持っています。

1954年セブンスデー・アドベンチスト横浜キリスト教会附属 横浜三育幼稚園(宗教法人)として開園
1983年園舎新築 学校法人三育学院 横浜三育幼稚園となる
1998年増改築完成
1999年創三年保育導入
2003年創立50周年を迎える

三育ネットワーク

SANIKU NETWORK

国内はもちろん、
全世界につながる三育ネットワーク

アメリカに本部を持つセブンスデー・アドベンチスト教会(プロテスタント)を経営母体とする三育学院は、 国内外に数多くの系列校を有しています。全寮制の中高などユニークな教育を展開しているほか、 世界に100以上ある海外の大学への留学の道も開かれています。 メディカルスクール(医学部)やビジネススクールなども充実しており、文字通り国境を越えてあらゆる学びが可能です。また、教育事業以外にも、産婦人科で定評のある東京衛生アドベンチスト病院をはじめ、国際協力NGO、健康食品会社、 特別養護老人ホームなど様々な分野で社会に貢献しています。

アットホームな雰囲気の中で自分らしさを伸ばす三育の一貫教育

三育系列の中学・高等学校はすべて全寮制です。いずれも自然豊かな環境に広々としたキャンパスがあります。中高時代の寮生活は生徒達の自立的生活習慣を確立させるのに非常に有意義です。 各寮には舎監の住居が設けられているほか、教職員住宅もキャンパス内にあり、教職員と生徒が生活を共にしています。 朝夕の礼拝をはじめとしたキリスト教が土台となっている生活を送る中で、単なる知識ではない協調性や相手を思いやる心を実践的に身につけることができます。三育教育の伝統である国際教育や労作教育を通して得られる経験は、社会に出た時に非常に役に立つと多くの卒業生から評価されています。

国内の系列校

日本では数少ない全寮制中学校で、キリスト教を柱とした全人教育を行っています。

鹿児島三育と同様、教師は全員クリスチャン。キリスト教に基づく価値観を共有したスタッフが同じ敷地内に居を構え、昼夜問わず生徒の指導にあたります。茨城県南部と広島県、沖縄県と3 校の三育中学校があり、それぞれの学校に日本各地から生徒が集まり、寮生活の中で自立した学びを続けています。共同生活の中で生徒同士がお互い切磋琢磨し合い、学習面はもちろん、協調性やお互いを思いやる姿勢など、人格的にも大きく成長できる環境です。

三育学院中学校

広島三育学院中学校・高等学校

沖縄三育中学校

幼稚園

札幌三育幼稚園北海道札幌市
横浜三育幼稚園神奈川県横浜市
広島三育学院幼稚園広島県広島市
鹿児島三育幼稚園鹿児島県鹿児島市

小学校

札幌三育小学校北海道札幌市
函館三育小学校北海道函館市
久慈川三育小学校茨城県日立市
光風台三育小学校千葉県市原市
東京三育小学校東京都練馬区
横浜三育小学校神奈川県横浜市
広島三育学院小学校広島県広島市
広島三育学院大和小学校広島県三原市
鹿児島三育小学校鹿児島県鹿児島市
沖縄三育小学校沖縄県中頭郡

中学校

広島三育学院中学校広島県三原市
三育学院中学校千葉県夷隅郡
沖縄三育中学校沖縄県名護市

高等学校

広島三育学院高等学校 広島県三原市

専門学校

大学

三育学院大学看護学部 千葉県夷隅郡・東京都杉並区

主な海外の系列校

関連機関

福祉事業

シャローム東久留米東京都東久留米市
ほか高齢福祉施設・障害者福祉施設25ヶ所

健康食品事業

三育フーズ株式会社千葉県袖ヶ浦市

出版事業

福音社東京都立川市

〒231-0862 横浜市中区山手町32番地

TEL 045-641-1903